大久保歯科医院 BLOG

2020年6月30日 火曜日

2020年6月30日 今日という日

今日、2020年6月30日という日にブログを書くのは意味があります。
それは、ある人の本を紹介したいから。

その著者は誰よりも若者のことを思い、若者たちに日本の未来を変えてほしいと願った人。
そして、熱い魂を持った人。
言葉の重みを知り、言葉を伝えてきた人。

だから紹介したい。
瀧本哲史 『2020年6月30日にまたここで会おう』    伝説の東大講義




この本は2012年に東大ホールでの講義をまとめたものです。



私はこれほど情熱をぶつけた講義を受けたことがない。
なぜ、瀧本さんはここまで若者たちに熱く語ることができるのか・・・。



その理由は、あとがきを読んで知った。
2019年 瀧本哲史さんは病で47歳という若さで亡くなっていたのだ。


6月30日の今日という日。
あの講義を聞いた若者たちは今どう過ごしているのだろう?

投稿者 大久保歯科医院 | 記事URL

2020年6月16日 火曜日

こころMoji artist 

昨日、仕事が終わってテレビをつけたままにしていたら、ふと目に留まった番組があった。
それは、Eテレの「文字アーティスト」の特集。
書かれた文字の中にはもう一つの文字が隠れているというアートであった。

私が最近読んだ本の中に「アート思考」という本がある。
この本をを読んでから、芸術っていろんな表現の仕方だったり、発想、見方があり、おもしろいなー。
自分も何か表現してみたいなー。といった感覚があった。

この文字アートもおもしろい表現の仕方だなぁーと思い、普段あまり見ないEテレを見続けてしまった。
さらに驚いたことに、この文字アーティストは進行性のミオパチーという病気で、筆を手で持つことができなかったのである。
手が使えない代わりに、筆を口でくわえて文字を書いていたのであるcoldsweats02

(スゴイ!と思ったのと同時に違和感を覚えた。)

作者は浦上秀樹さん。

(違和感が確信に変わった。)
その浦上さんには会ったことはなかったが、その奥さんはよく知っている人だった。
確か8年前の同窓会の時に「旦那は手足が不自由で口を使って文字を書いている。」と言っていた中学の同級生のモッちゃんだ。
スゴイ偶然だなと思いつつ、昔を思い出してしまいましたthink



興味のある方はこちらへ
https://kokoromoji.com/

投稿者 大久保歯科医院 | 記事URL

2020年6月11日 木曜日

子供新聞に載ってました。

この前紹介した本が本日の「読売こども新聞」に掲載されていました。
機会があったら読んでみてください。
将来、何をしたいかわからない中学生~大学生、子供の将来について不安に思う大人の方にお勧めの本です。

瀧本哲史 『ミライの授業』

投稿者 大久保歯科医院 | 記事URL

2020年5月25日 月曜日

中学生の君へ(ミライの授業)

最近、購入した本の内容が非常によかったので寝るときに長女に読み聞かせています。

本の帯:「こんな授業を受けたかった!」の声、続々。
     これは14歳に向けた「冒険の書」であり、
     大人たちが知るべき「教養の書」である。

     タイトルは『ミライの授業』 

以前から紹介している 瀧本哲史さんの本です。

その1ページ目は
アラン・ケイの言葉 「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ。」から始まります。

<序章>
14歳の君たちへ
君たちは未来の住人であり、大人たちは過去の住人なのだ。
今から数十年前、日本人は日本で作った商品に「メイド・イン・ジャパン」の印が押された。
自分が日本人であること、そして日本という国で働くことに、確かな意味があった。
ところが現在、君たちが日本であることに、特別な意味は存在しない。
遠く離れたアジアの国で商品が作られているからだ。
そして、そこには2つの事実が隠されている。
 1、多くの仕事が「誰がやっても同じ」になってきたこと。
 2、だれがやっても同じ仕事である限り、「安い人が選ばれる時代」になったのだ。

ここで一つ問題を出そう。
このまま「安い人が選ばれる時代」が進んでいった場合、最終的に選ばれるのはどんな人たちだろう?

アフリカの人?

ボランティアの人?




正解は・・・


「ロボット」だ。

ある調査によると、この先10~20年の間に、働く人の約半分がロボットに仕事を奪われかねない。と試算が出ている。

世界全体を巻き込んだ「安い人が選ばれる時代」。
人間さえも必要としない「ロボットに仕事を奪われる時代」。
これは、今君たちの足元で動いている、「現在進行形の未来」なのだ。

そんな未来に、どう立ち向かえばいいのか?
残念ながら大人たちは、その答えを知らない。

でも、未来にはひとつだけいいところがある。
それは、「未来は、つくることができる」という点だ。

だから君たち、未来をつくる人になろう!


この後、世界を変えた偉人20人についての5時限の授業にに入っていきます。
そして、この講義は兵庫県の灘中など様々な中学校で講演されました。

もし、興味を持った人は購入して読んでみてください。
中学生の子どもを持つ親子の方には是非読んだ頂きたい本です。
講談社から出版されていますが、書店ではめったに置いていないので注文して購入してください。





投稿者 大久保歯科医院 | 記事URL

2020年5月20日 水曜日

アート思考

最近、子どもの勉強を見てあげる機会が増えて、宿題ばっかりではたして「子どものためになっているのか?」
「子どもは楽しいのか?」「今の教育を将来役立てることができるのだろうか?」と、疑問を感じることが多くなりました。
今の子どもは自由な発想がない気がする。
そもそも自由に遊ぶ場所もなく、自由な発想が得られる場がないのではないか?と思います。
だから、自分の子どもには自由な発想を持ってほしいと思って、こんな絵を描いて子供たちに見せてみました。



左は「線の絵」で色鉛筆を使ってすべて5本の直線で描いたもの。
右は「点の絵」コンパスの針で画用紙に穴をあけて描いてみました。

両方ともポケモンのキャラクターです。
特徴は曲線を使わない、色は何だっていい。といった感じで表現の方法を変えてみました。

子どもたちに見せたら「スゲー」とは言ってましたが、はたしてどこまで響いたかな・・・?


最近発見した本で「13歳からのアート思考」といった本がありました。
   

まさに、僕が子どもたちに教えたかったことがいろいろ書いてありました。
その中の一部を抜粋してみました。

僕たちは「まず感じる。そして、言語化する。」という順序で世界に向きある必要がある。
これからの時代の子どもたちに必要なのは、すでに存在する職業の中から「正解」を選ぶのではなく、むしろ自分のビジョンや夢をもとに「職業そのものをつくっていく力」のほうだろう。
          (中略)
小学校低学年くらいまでは、自由に感じ、表現ができていた子どもたちも、高学年に差し掛かると、自我が高まり社会性を帯びることで、自分と向き合う機会が減っていく。さらに、塾に行ったり、中学受験をしたりすれば、子どもたちは一気に「創造モード」を捨て去ることになりかねない。
子どもたちの創造性をいかに育むかは、現場の先生も苦労しているだろうし、親であれば誰しも、自分の子供が創造的になってほしいと願っているはずだ。だからこそ、この点に問題意識を持っている親御さん・教師のみなさんが、「アート的なものの見方」を学びなおすことには大きな意味がある。この学びが子どもたちにも波及して行けば、創造的に生きられる人がこの国にもっと増えていくだろう。

まさに、今必要な考え方だと思います。
もし、興味を持った方はこの本を買ってみてください。
Amazonでもランクインしている人気本です。

投稿者 大久保歯科医院 | 記事URL

カレンダー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
アクセス


大きな地図で見る

〒360-0023 埼玉県熊谷市佐谷田964-5

詳しくはこちら