ホーム > 診療案内 > 義歯

義歯(入れ歯)

保険、自費の義歯を扱っています

お口の中の状態にあった入れ歯をおすすめします。
保険の義歯と自費の義歯の違い。
自費の義歯は保険の義歯と比べ材料に制限がないため、より精密に薄く作ったりすることができます。つまり発音や味覚などの障害がおこりにくく、固くて噛みやすい。構造によっては金属の金具が見えにくかったり、金属を使わないものもあり、審美的にも優れています。また、複雑な構造にすることも出来るため残っている歯に負担がかかりにくく、歯を長持ちさせます。

金属床義歯

金属床義歯

金属でできているため保険の入れ歯より強度が強く硬い歯を使用しているため、よりしっかり咬むことができます。薄い構造のため装着時の違和感や発音障害がおこりにくくなっています。金属は熱の伝わりがよいため味覚障害が起こりにくい入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属の金具がなくやわらかい材質でできています。金属の金具がないため他人が見ても入れ歯をしているように見えません。女性に人気です。
(上下 ノンクラスプデンチャーです)

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

入れ歯と残存している歯根に磁石を組み込んであります。磁力によって入れ歯が落ちにくくなっています。