ホーム > 診療案内

一般歯科

一般歯科

スポーツ用マウスガード

虫歯のほかに、噛み合わせのチェックやスポーツ歯科も
虫歯治療のほか、噛み合わせの不具合からくる顎関節症などの症状、親知らずの抜歯などの口腔外科にも対応しています。

こんな症状にひとつでもあてはまったらご相談ください

  • 歯が痛い
  • 歯がしみる
  • 歯に黒い部分がある。穴があいている
  • 以前つめていたものがとれてしまった
  • 舌で歯をさわるとひっかかる感じがする
  • ものがうまく噛めない

虫歯治療の際は全身状態のチェックも行います
ご来院された方には、予診表をご記入いただき、さらに歯の症状以外に、全身状態、内科的疾患がないかなどをうかがいます。必要に応じてデジタルレントゲンで診察、お口の状態、治療方法を丁寧にご説明したうえで、治療にあたっています。

噛み合わせのチェック
噛み合わせは非常に大切です。噛み合わせが悪いと、筋肉のバランスがずれてきて、偏頭痛が起こったり、顎関節症になったりします。スポーツをされている方はとくに、とくにグッと噛む力を込めることで、力を発揮できることがわかると思います。噛み合せがずれている場合、噛み合せを調整したり、ずれている入れ歯やかぶせものなどを作りなおしたり、マウスピース作製などを行っています。

スポーツ時の外傷から歯を守る
スポーツの街、ラグビーの街でもある熊谷。若いころに歯を失っては精神的にもつらいものです。スポーツ時における外傷から自分の歯を守るために、一人一人に合わせたマウスピースをお作りします。市販のものもありますが、自分に合ったものではないと、噛み合わせが悪く、カパカパしていて本来の力が発揮されません。しっかりしたマウスピースを作って、しっかり噛めることによって身体のパワーも発揮されるのです。

予防歯科にも取り組み、患者様の負担を軽く
定期的に歯を検診することによって、お口のなかの細菌が少なくなり、重症化を防ぎます。また、初期のうちにむし歯を発見でき、健康面、金銭面、時間的な面での負担を軽くすることができます。自覚症状のない方にもぜひ、定期検診をおすすめしています。来院された方には毎日のお口のケア方法、ブラッシング指導などを行って、健康な歯と歯ぐきを維持していただけるようサポートしています。

小児歯科

ゆっくりとその子に合わせて治療します
ゆっくりとその子に合わせて治療します

お子様の場合、まず虫歯にならない事が大切です。
フッ素塗布やシーラントなどの予防的な治療、虫歯のできにくい環境づくりの指導、ブラッシング指導などを行っています。虫歯ができてしまった場合、できるだけお子様一人ひとりに合わせてゆっくりと治療をすすめるように心掛けています。

まず、唾液を吸うバキュームでも、治療器具でもいきなりお口に入れると怖がりますので、少し手にあててみたり、治療の際に音の出にくい器具を選んだりし、恐怖感をとりのぞいてあげるようにします。

ゆっくりとその子に合わせて治療します

■シーラント=虫歯になりやすいのは歯のくぼんだ谷の部分。歯の谷間になっているところを削らずに埋める詰め物をし、虫歯になるのを予防します。保険が適用になり、保護者様のご負担もありません。

お子様の歯の健康のためにできること
  • 甘いおやつやジュース、清涼飲料水、調味料に含まれる糖分を摂取するとお口の中が酸性に傾きます。
    間食頻度が多くなると歯の再石灰化の時間が歯を溶かす時間に追いつかず虫歯の原因になります。規則正しい食生活を心掛け、おやつをダラダラあげないようにしましょう。
  • 乳歯の虫歯は、永久歯の歯並びを悪くする原因になります。乳歯のうちからしっかりと歯を口腔内の管理をしっかりしてあげましょう。
  • 噛む力が弱く顎の骨が未発達なことで歯並びが悪くなるお子さんが増えています。咀嚼力をつけるかみごたえのある食材も積極的にとるようにしましょう。

歯周病治療

こんな症状にひとつでもあてはまったらご相談ください
  • 歯ぐきが赤くはれたり、痛んだりする
  • 歯ぐきから出血やウミがでることがある
  • 歯がグラグラしている
  • 食べ物がはさまりやすくなった
  • 口臭が気になっている
  • 歯の根元が長くなったように感じる
  • 起床時、口の中がネバネバする
  • 虫歯でないのに、冷たいものを飲んだとき、歯や歯茎がしみて痛い
歯周病治療

全身に影響を及ぼす歯周病
歯周病は、歯ぐきが赤くはれたり、出血するといった症状が知られていますが、重症になると歯を支えている骨を溶かし、歯が抜けてしまいます。それ以外にも、歯周病の原因である細菌によって、からだにさまざまな影響を及ぼします。中高年の約80%が歯周病にかかっているといわれていますが、20代の若い世代でもよく見られます。
歯周病は次にあげるように、全身へ影響を及ぼします。

  • 動脈硬化
  • 心臓病
  • 肺炎
  • 糖尿病
  • 低体重児出産 など

お口のなかを健康に保つことは、全身の健康維持にもつながります。ぜひ定期的に健診をされ、お口をチェックされることをおすすめしています。
歯周病の原因となる歯石は細菌の塊りで、歯磨きでは落とすことができません。歯科医院でないととれません。当院では、お口の状態を見て、歯を支える骨をとかす縁下歯石や表面からは見えない歯石も丁寧に専門の器具を使ってクリーニング、正しいブラッシング方法などをお教えしています。虫歯治療で来院される方の多くが歯周病にもなっていますので、治療は歯周病の治療も同時に行います。

口腔外科

口腔外科について
口腔外科について

口腔外科では、お口の中に生じた怪我や病気を治療します。
親知らずの抜歯や顎関節症、歯に起因する炎症(歯茎の腫れや痛み)・口腔粘膜や舌にできたできものなど。