ホーム > 診療案内 > 妊婦さんの治療について

妊婦さんの治療について

お子様の虫歯予防は妊娠中からはじまります

お子様の虫歯予防は妊娠中からはじまります

妊娠されてから2、3カ月頃から女性ホルモンが増加する影響ため、歯肉が赤く腫れたり、出血し易くなります。
唾液の量が減少することやつわりなどでセルフケアが妨げられることにより、口腔内の環境が悪化しやすい時期でもあります。

ご妊娠中に歯科治療を受けるのが不安というお気持ちがある方もおられると思います。
大久保歯科医院では妊娠中の方でも安心して治療を受けていただけるような環境を整えております。

むし歯の感染について

虫歯の原因となる細菌は生まれてすぐの新生児の口腔内には存在しておりません。生活していくうちに、ご家族の口の中の菌が赤ちゃんに感染し虫歯ができる口腔環境になっていきます。

お子様の健康な口腔環境を実現するには、お父様やお母様を含めた家族全体での口腔ケアが必要になってきます。

妊娠中の治療は大丈夫なの?

妊娠中の治療は大丈夫なの?

大久保歯科医院では体に負担のかかる処置は、体調が落ち着いている安定期に治療を行っています。
また産後は子育てに忙しく、歯医者さんに通いにくくなります。ですのでこの時期に歯科検診とクリーニングをし、口腔内を清潔に保つよう心がけたいものです。

妊娠を考えている女性の方へ

妊娠は、思っている以上に大変です。妊娠中のストレスやお腹が重くなったり・・・
そんな時、虫歯や親知らずが痛み出したらさらに大変です。妊娠を考えている方は妊娠される前に必ず歯科検診を受けるようにしましょう。